スーパーボウル51(ヒューストン大会)

第50回の記念大会後の第51回大会はテキサス州ヒューストンでの開催となりました。何と言っても第50大会はチケット代が高い大会として注目を集めました。スーパーボウルのチケットは、高いゆえにかなり変動するので、一体いくらなのかというのが難しい所です。

そういう意味では、50回大会は、平均的に高い大会でした。
特に、この大会からチケット会社がサービス料を込の価格から、別表示にするのが主流になってきたため、サイト上の価格が5000ドルでもチェックアウトすると6000ドルを超えるような金額になりました。

50回大会は、平均的に一番安いチケットで5000ドル前後だったと言えます。

そんな「高い記念大会」が終わり、通常のスーパーボウルの相場3500ドル前後に戻るかもと期待したスーパーボウルがこの51回大会でした。

しかし蓋を開けてみれば、ダラス・カウボーイズの躍進に振舞わされる結果になりました。ダラスとヒューストンは、同じテキサス州にあり、車でも5時間ぐらいで来ることができます。いわば、カウボーイズファンにとって、ヒューストンは地元のようなもののようです。

そのカウボーイズがレギュラーシーズンで好調をキープすると、チケットは徐々に高くなって行きます。
そして、レギュラーシーズンを1位で終えた時は、すでに第50回大会の価格を越え、一時はサービス料込の価格であれば、一番安いチケットは7000ドルに迫るような勢いを見せていました。

カウボーイズの場合、デビジョナルラウンドからの登場になりました。
チケット代は1月中旬までは上がり続けたわけです。
そのカウボーイズはデビジョナルラウンドで、グリーンベイ・パッカーズとの対戦になりました。これは歴史に残るような死闘となり、カウボーイズの2016シーズンはここで終焉をするわけですが、勝ち上がったグリーンベイもNFL屈指の人気チームです。
カウボーイズ敗退後は、多少チケット代は変動は治まりましたが、それでもパッカーズが勝ち上がれば、スーパーボウルは、パッカーズ対ペイトリオッツの名QB対決もあり得ます。そのような状況で、カンファレンスファイナルに突入するわけです。

ここでパッカーズはファルコンズの前に敗れました。
スーパーボウルのカードは、ファルコンズ対ペイトリオッツとなり、最終的には多少チケット代は治まりましたが、それでも当日には再高騰しましたので、改めてスーパーボウルのチケットは買い時の仕切りが難しいと思わされた大会です。